石川三知先生監修 お料理のテーマ 年間スケジュール

石川三知先生監修!

からだに優しいテーマランチは月一ごとに季節に合ったテーマを設定し

多くの皆様に、食べることの意味や楽しさをご理解頂きながらお召し上がり頂けます!

 

11月・12月 ~末端の冷えをケア と 免疫力向上~

 冬本番!自ら体を動かすことも避けがち!冷え性には辛い季節…><

 そんなあなたに、血行を良くして体を温めるお食事がおすすめ!

 体を温める食材は、寒い冬の時期に採れるものが多いのが特徴です★

 【鶏肉・根菜・生姜・蜂蜜・南瓜・玉ねぎ・チーズ・シナモン・林檎 etc…】

 

1月 ~免疫力UPで冬を乗り切る~

 冬の寒さにも少し慣れた頃…つい油断して風邪を引くなんてよくある話ですよね。

 年末年始はお家でゴロゴロ~運動不足は体力や免疫力の低下に繋がります!

 まだまだ寒い日が続きますので、冬を乗り切れるような体力をつけるお食事を心がけましょう!

 【青魚・大根・鶏肉・人参・非加熱オイル・ナッツ類・茸類・アサイー・オレンジ etc…】

 

2月 ~春の乾燥肌対策と美肌~

 少しずつ春らしくなってきたと思ったら、お肌の調子があまり良くない?

 真冬のダメージが蓄積し、今まで以上に乾燥や肌荒れが目立つのがこの時期。

 肌に塗るものよりも断然効果的!食べる食材で内面からキレイになりましょう!

 【南瓜・人参・ブロッコリー・パプリカ・アボカド・鶏モモ・鰻・モロヘイヤ・蕪・エキストラバージンオイル・トマト・チーズ etc…】

 

3月 ~春のダイエットと新陳代謝UP~

 冬に蓄えた脂肪をそろそろ燃やしていきましょう!

 なまった体を元気で活動的な状態に戻すには新陳代謝をUPさせることが必要です!

 体を温め、発汗作用を促していきましょう!

 また、紫外線量も一気に増えるのがこの季節。肌のうるおい対策も大事ですね!

 【根菜・海藻・穀物類・芋・茸・豚肉・鶏肉・バナナ・あさり・青菜 etc…】

 

4月 ~ストレス解消~

 新学期。新たな環境に身を置いて、それぞれに新しいスタートを切るこの季節。

 やる気に満ち溢れる反面、なかなか慣れずに知らないうちにストレスを抱えてしまうこともしばしば…

 ストレスは一番肌に出やすく、乾燥や肌荒れを起こしやすくなるので十分気をつけて!

 【人参・南瓜・法蓮草・トマト・フルーツ類・パプリカ・ナッツ・エキストラバージンオイル・アボカド・乳製品・サーモン・甲殻類 etc…】

 

5月 ~貧血対策~

 さわやかな初夏の陽気が感じられる季節ですが、日によって寒暖の差が激しくもなります。

 急に暑くなったりと気温の変化に体がついていかない!なんてこと、

 経験された方も多いのではないでしょうか。

 規則正しい生活を心がけることももちろん大切ですが

 鉄分やビタミンを摂り、暑さに慣れる体作りをこの時期から始めていきましょう★

 【レバー・貝・赤身肉・法蓮草・プルーン・あさり・バナナ・アスパラ・ブロッコリー・葉野菜 etc…】

 

 6月 ~UV対策と夏太り防止~

 梅雨入りの季節。雨の日は、晴れの日に比べ一日当たりの紫外線量は少なくなりますが

 実は晴れている間の紫外線の強さは、6月がもっとも強いのです。

 梅雨の晴れ間にうっかり紫外線を浴びてしまった場合のくすみ・シミのダメージは大!

 また、気温が上がり暑くなると、外気と体温の温度差が小さくなるので基礎代謝が下がりがち。

 暑くて動くのが嫌になり夏太りしてしまうのを早めに阻止していきましょう!

 

7月 ~発汗対策と冷え防止~

 暑さに我慢できず、ついついクーラーの効いた部屋で過ごしたり

 冷たいものを食べて体を冷やしがちな夏の始まりです。

 新陳代謝を良くして、夏の終わりに夏バテしないような体作りを

 今から始めていきましょう!

 【かぼちゃ、ピーマン、イカ】

8月 ~厳しい夏を乗り切るお食事 体温調節・紫外線対策・発汗対策~

 夏真っ盛りなこの季節。BBQや海などアウトドアで楽しむイベントも増える中で

 熱中症や、紫外線対策が重要になってきますよね!

 思いっきり夏を楽しむための体力は、たんぱく質食品や消化の良い食材、ビタミンAを含むもので補給!

 水分は、食材に含まれる含水で摂取できると◎です!

【夏野菜・スズキ・イナダ・イカ・タコ・ビネガー・酢・豚ヒレ・鶏ムネ肉・ひき肉 etc…】

 

9月・10月 ~冬に向けた免疫力の強化~

 冬の代謝・血流・免疫up

 粘膜を強く保つ、血流を整える等、冬に向けた免疫力の強化をはかりたい時期です。

 そのための食材となります。

 【人参・蓮根・かぶ・そば粉・柿・くるみ・黒豆・鯛・鯖・椎茸等のきのこ類】